医院ブログ|まもる歯科|新潟県佐渡市相川にあるお勧め歯医者

〒952-1548 新潟県佐渡市相川羽田町58

  • メール相談
  • WEB予約
診療時間(受付時間)
09:00~12:30(09:00~12:00)手術
14:00~18:00(14:00~17:30)訪問

キービジュアル

虹まであがれ

2020年01月3日

年末に、子どもと凧揚げをして遊びました。

今年の年の瀬は比較的穏やかな天候で、この日も虹がでていました。

とっても高くあがりました。

ページを見る

明けましておめでとうございます。院内新聞令和2年1月号できました!

2020年01月1日

みなさま、明けましておめでとうございます。

今年も何卒よろしくお願いいたします。

新年の診療は1月4日(土)からとなります。

ページを見る

やはたの里さんで口腔ケア研修会

2019年12月6日

先週の、はもちの里さんでの研修に続いて、やはたの里さんで口腔ケア研修会の講師をしてきました。

与えられたお題はオーラルフレイルについて。

時代も変わったなあと思います。

 

オーラルフレイルは、分かりやすく言えば「口の虚弱」ということになると思います。

発音がはっきりしない、食べこぼす、ときどきむせる、硬いものが噛みにくい、といったわずかなお口の機能の衰えを指しています。

その程度のことは、これまで「歳のせい」「誰でもなる」と思われていました。

私たち歯科医も、病気とはとらえてきませんでした。

 

しかし、このようなオーラルフレイル、軽微なお口の衰えを放置すると、やがて低栄養をはじめとした全身的な疾患をもたらし、要介護状態や死に至ることが、最近の研究で明らかになってきたのです。

オーラルフレイルを予防するために、まず何より大事なのは、定期的な歯のメインテナンスだと思います。

痛くなくても定期的に歯科医院へ行って、検診とクリーニングをしてもらい、丈夫な歯をまもる。

この習慣が広く根付けば、オーラルフレイルもかなりの部分で予防でき、要介護状態や重い病気でつらい思いをする人たちも少なくなるはずです。

ページを見る

やった!佐渡高校バレー部、全国大会へ!!

2019年12月5日

佐渡高校卒業生の皆様、もしよろしければご支援お願い致します。

まさに快挙です。おめでとうございます。

前回、佐渡高校バレー部が全国大会へ出場したのが1977年だそうです。

なんと僕が生まれた年ではありませんか。

42年ぶりということになりますね。

僕は、アマチュアスポーツは勝つことが目的ではないと思っています。

努力を積み重ねること、チームワークを尊ぶこと、試合でも平常心でいられる精神力を養うこと、そういった素晴らしいことを学べる、最高の場がスポーツだと思っています。

トーナメント制の大会では、全てのチームうち、ひとつのチーム以外は負けて会場を去ることになります。

ですが、負けからもたくさんのことが学べると思います。

これまで努力してきてよかった、このチームで戦えてよかった、実力は出し切れた、そう思えるならば、たとえ試合で負けたとしても、それは「勝ち」なのだと思います。

その点でも、佐渡高校バレー部は素晴らしいチームだと聞いています。

晴れ舞台で、見事な戦いを見せてくれると思います。

ページを見る

新潟日報にて取り上げていただきました

2019年12月3日

新潟日報にて取り上げていただきました。

佐渡でも、高齢期の健康的な「食」を守る取り組みが進められています。

健康的な「食」を守る、というと、農薬とか、遺伝子組み換え食品とかの問題がよく話題に上りますが、高齢者にとっての「食」は、そういう問題とはやや異なります。

日本は豊かな国ですが、実は栄養不足(低栄養といいます)の人が少なからずおられます。
過度なダイエットや、偏食によって、若い人にも低栄養は生じますが、特に高齢者に低栄養の方が多いことが問題になっています。


この背景には、貧困、認知症などの疾患、老々介護など、さまざまな社会問題が潜んでいます。
われわれ歯科医師の使命は、市民の皆様の健康をまもること。
その根本は、「食」にあります。
美味しく食べて、元気に生きる。
歯をまもることで、それが達成されると考えれば、こんなにやりがいのある仕事はありません。

ページを見る

歯周病の勉強会に参加してきました

2019年11月27日

 

今日は新潟でスタッフさん三名とともに歯周病の勉強会に参加してきました。

非常に気づきの多い、良い勉強会だったと思います。

私も少し発表をさせて頂きましたが、年甲斐もなく緊張しまくりで、グダグダのクタクタでした(笑)。

でも楽しかったです!ありがとうございました!

ページを見る

感謝状を頂きました。

2019年11月25日

新潟県警察歯科医会理事会にて、これまでの警察への協力について表彰をしていただきました。

佐渡は殺人や放火などの事件は少ないのですが、冬の日本海での海難事故があり、身元確認が必要になります。
そういった際には、私がその任に当たることが多く、今回感謝状をいただくことになったようです。
悲しみや苦しみの多い仕事ですが、このように報いていただけると、やってよかったという気持ちになります。
一方で、不幸な事故や事件に遭われ、私が拝見した方々に、深く哀悼の意を捧げます。

佐渡の警察署が統合され、佐渡警察署として真野地区に新設されました。当院のすぐ近くにあった警察署は交番となり、恐らく今後はそういった身元確認業務に携わる機会が減ると思います。

とはいえ、佐渡の人々の安心な暮らしを毎日守ってくださっている新潟県警のお仕事には、今後も精一杯協力させていただきたいと思っています。

ページを見る

「訪問歯科診療 プランニングの極意」が刊行されました

2019年11月11日

amazonでも販売しています

 

いよいよ発売されました!

「訪問歯科診療 プランニングの極意」
私も一節を書かせて頂いております。

 

↓こちらの方から、内容の一部を見ることができます。
ぜひご覧ください。

歯学書ドットコム

 

本の表紙にもありますが、訪問歯科診療をするうえでは、既存の歯科医療の枠組みを超えた問題が多くあります。
難病、低栄養、サルコペニア、発達期障害、介護力、多職種との連携、などなど。

 

それらすべてを歯科医師がマネジメントすることは不可能です。
しかしそれらを考慮せずに訪問歯科診療を成功に導くこともまた、不可能です。

 

この本では、9人の訪問歯科診療に取り組む先生方の症例がまとめられています。
非常に複雑に絡み合った問題を抱える患者さんたちに対して、「どのように治療をプランニングし実行していくのか」という、医療の根本ともいうべき部分を真正面からとりあげています。

 

著者の先生方は、皆さん本物のエキスパートだと思います。私だけ怪しいですが(笑)。
他の先生のパートを読ませていただいて、大変勉強になりました。

 

いま、訪問歯科診療や障害を持つ患者さんの治療で悩みをお持ちの先生には必ずヒントが見つかると思いますし、現在の訪問歯科診療の現場を知る上でも有用だと思います。

 

16年前、植田耕一郎先生に導かれて足を踏み入れた訪問歯科診療は、何もかもが手探りの、未開の世界でした。
年月が経ち、ここまで訪問歯科診療が体系として整備されてきたことに、驚きを感じています。

ページを見る

職員研修およびリフレッシュに伴う休診のお知らせ

2019年10月20日

平素より大変お世話になっております。

職員研修およびリフレッシュのため、10/21(月)~10/23(水)はお休みとさせていただきます。

皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

なお、10/24(木)は午前・午後ともに外来診療を受付ておりますので、何卒よろしくお願いいたします。

ページを見る

院内新聞 2019年10月号 できました!

2019年09月28日

院内新聞 2019年10月号 できました!

下の画像を選択すると大きくなります。

 

ページを見る

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • web予約

電話での問い合わせ

電話

医院の住所

〒952-1548 新潟県佐渡市相川羽田町58

診療時間(受付時間)
09:00~12:30(09:00~12:00)手術
14:00~18:00(14:00~17:30)訪問
  • ※土曜日午後:16時30分まで
  • ※休診日:日・祝日

予約キャンセルについて

当院は予約制です。

それは、患者さんに質の良い医療を提供するためには、しっかり時間を取ることが必要と考えているからです。
予約を取ることによって、どんなに患者さんが多く来院されても、丁寧な治療を行うことが可能になり、患者さんの健康が守られます。

もし、一人の患者さんが、当日に予約を忘れて来院されないとどうなるでしょうか?

その患者さんにとっては、治療が前に進まず病気が治りませんので、もちろん損失です。
また、その患者さんが取っていた予約の枠があれば、他の患者さんの治療をすることができます。
つまり、他の患者さんにも迷惑が掛かってしまいます。

さらに医院としては、その患者さんのために滅菌・消毒をして準備していた器具や薬品などがすべて無駄になります。
予約制の医院にとって、キャンセルは本当に困った問題なのです。

出来る限りご予約は守っていただくことをお願いいたします。

また、たびたびご予約をキャンセルされる患者様には、大変心苦しいのですが、
次回以降のご予約をお取り出来ないこともあります。

ご協力の程、なにとぞよろしくお願いいたします。